京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室

がん専門医の和田洋巳が40年近くのがん治療の経験で感じた「がんが住みにくい体づくり」について書いていきます。そのほか興味深いがんの症例やがんを防ぐ基礎知識など。

講座:こころとからだ〜がんは自分が作ったもの〜3

今回は前回の症例の続きをお話します。

紹介した症例の患者さん、大腸癌・多発肝転移で、余命6ヶ月と言われ、私のクリニックに受診に来られました(左図)。
食事指導と、梅エキス・亜麻仁油を摂り、抗癌剤治療を2週に1度受けた結果、4ヶ月後には、転移巣はほぼ消失したことはお話ししましたが、原発巣である大腸には右図のように少し癌が残っていました。

下図は1年後の大腸内視鏡の画像ですが、こちらを見ると癌は消えています。この患者さんは「死ぬまで抗癌剤治療を受けるのは嫌だ!」という意思を持っておられ、肝転移に残る病巣に対する治療も行いました。

結果として、残す治療は癌幹細胞治療のみで、現在その治療を行っていますが、下図のように余命半年といわれた2012年12月末からすでに2年が経過し、病巣がほぼ消失しています。この患者さんは当初余命半年と宣告され、さらに死ぬまで抗癌剤治療が必要と担当医に言われていましたが、”自分で治す”という強い意思を持っていたということによってここまで来たのだと私は思います。

この方のように、心の働きは、治療においては切っても切り離せないものですが、意外と癌治療の現場では軽視されているように思われます。私もこれまでの患者さんとのおつきあいを振り返り、このような心の働きと治療との関係を見直してみることにしました。
次回からはこの心の働きについて、お話していきます。